Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

You can see any categories

category: きものまわり  1/7

ゆかたで出かけたのは

このカテゴリー、「きものまわり」にするか、「食欲」にするか、悩みました。行事としてはゆかたパーティだったのですが、写真がオール食べ物。私の性格をよく表しています着付けレッスンに行ったのもこのパーティであまりひどくない着付けができるようにするため。レッスンの効果はいまだ残っていて、何とか恥ずかしくない程度に。パーティは神楽坂にある小ジャレたベトナムレストランで。これはヌクマムなどのスパイス、写真には...

  •  1
  •  -

着付けレッスンに

本当に久しぶりに着付けのレッスンを受けてきました。きっかけは購入した麻のゆかた。10年ぶりくらいでしょうか、ゆかたを作りったのは。その麻のゆかたが硬くて着ようとしても浮き上がり、どうにもうまくまとまらないないので、出かけることに。先生からは長襦袢をきちんと着ると、かなりしっかり着つけられますとのことで、「基本のき」から復習。皺が出ないように、要所要所でしっかりチェックしてスッキリなるように伸ばして。...

  •  4
  •  -

きものまわりの昭和なもの整理

以前着付けを習っていた先生のブログで、「昭和な着付け小物を整理しましょう」との書込みが。ちょうど着る機会があったので、その後始末を兼ねて、小物類を整理してみました。出てくるは、出てくるは、昭和と言っても後半ではなく、もしかしたら戦前のものでは!?と思われる当時の化繊でできたものも。何しろ母は女5人姉妹(+末の弟)、でもその子どもたちは、私たち姉妹以外全員男。物持ちのいい世代、必然的に女物は我が家に来...

  •  2
  •  -

今年はきものを着たい!

東京では移動距離、時間が長くて、どうしてもきものを着るのが億劫になり、とくに去年は着る回数がかなり減ってしまって・・・今年こそ美術館、コンサートにはきものでと意気込んでいますが、なかなか実現しない。もう数日前になりますが、そんな機会があったので、記録です。東京・春・音楽祭は東京文化会館だけでなく、周辺の美術館や博物館も会場として開催されており、比較的気軽に聴きに行けます。今回は大好きなバッハの無伴...

  •  0
  •  -

アレルギーの時の観劇は

読売演劇大賞を受賞したという通し狂言「伊賀越道中双六」を観に出かけました。上映時間は休憩も含めて4時間半ですが、通しでの上演とのことなので、ストーリーがわかりやすいだろうと、非常に楽しみにして出かけました。でも、長丁場なので、昼食を挟んでの上演、その上アレルギーの一番激しい時期なので、しっかり薬を飲んで行ったら、午後になった途端に眠気が襲って来て・・・一緒に行った友人がここ一番の見せ場というところ...

  •  0
  •  -
boo