Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

You can see any categories

category: きものまわり  1/7

きものまわりの昭和なもの整理

以前着付けを習っていた先生のブログで、「昭和な着付け小物を整理しましょう」との書込みが。ちょうど着る機会があったので、その後始末を兼ねて、小物類を整理してみました。出てくるは、出てくるは、昭和と言っても後半ではなく、もしかしたら戦前のものでは!?と思われる当時の化繊でできたものも。何しろ母は女5人姉妹(+末の弟)、でもその子どもたちは、私たち姉妹以外全員男。物持ちのいい世代、必然的に女物は我が家に来...

  •  2
  •  -

今年はきものを着たい!

東京では移動距離、時間が長くて、どうしてもきものを着るのが億劫になり、とくに去年は着る回数がかなり減ってしまって・・・今年こそ美術館、コンサートにはきものでと意気込んでいますが、なかなか実現しない。もう数日前になりますが、そんな機会があったので、記録です。東京・春・音楽祭は東京文化会館だけでなく、周辺の美術館や博物館も会場として開催されており、比較的気軽に聴きに行けます。今回は大好きなバッハの無伴...

  •  0
  •  -

アレルギーの時の観劇は

読売演劇大賞を受賞したという通し狂言「伊賀越道中双六」を観に出かけました。上映時間は休憩も含めて4時間半ですが、通しでの上演とのことなので、ストーリーがわかりやすいだろうと、非常に楽しみにして出かけました。でも、長丁場なので、昼食を挟んでの上演、その上アレルギーの一番激しい時期なので、しっかり薬を飲んで行ったら、午後になった途端に眠気が襲って来て・・・一緒に行った友人がここ一番の見せ場というところ...

  •  0
  •  -

白洲正子に会いに

年末年始は何かと気ぜわしくて予定の調整がつかず、最終日の今日、ようやく出かけた「白洲正子ときもの」展。とにかく、よかったです展示の序段は白洲正子の生い立ちと彼女が打ち込んだ能についての展示で、ちょっと肩透かしを食らった感が無きにしも非ずでしたが、銀座で「こうげい」を始めたあたりからのきものの展示は圧巻。紬や綿の普段着ともいえるきもの。一見何気ない感じもしましが、彼女によってえり抜かれたきものの数々...

  •  0
  •  -

今年はきものを着ていない

No image

以前着付けを習っていたすみれ堂の先生のブログで知った「きものの日」アプリ。きもの姿で、好きなきもの雑誌の表紙を飾れる?!早速ダウンロードして、作ろうとしましたが、写真ファイルを捜してもきもの姿が出てこないようやく7月に海外のお客様に呈茶をしたときの写真がありましたが、背景、ポーズが表紙には合わない。そういえば今年はめっきりきものを着なかった~。お茶を止めたので、必要に迫られて着る機会が減ったし、山...

  •  0
  •  -
boo