Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

You can see any categories

category: 未分類  1/16

バッハに始まり、バッハで終わる

2か月振りにパイプオルガンのミニコンサートに行ってきました。今回はバッハの前奏曲変ホ長調に始まって、フーガの変ホ長調で終わる。その間バッハとS. カルク=エラートの曲を交互に演奏。今までとはちょっと違った選曲。S. カルク=エラートの曲を意識的に聴くのは初めてかもしれない。低音の響きがずっしりと感じられる演目でした。いつの間にかムラサキシキブが色付いていました。  秋だな~~      にほんブログ村...

  •  0
  •  -

定番は不動?

英国フェアでは紅茶を試飲するのをひそかな楽しみにしていて、数社飲み比べてみました。家ではずっとトワイニングのアールグレー。たまにはほかのメーカーのほかのブレンドも試したいなと思いつつ、機会がなくて。ベルガモットの香りが好きなので、できればアールグレーをと思ったけれど、試飲には意外となかった感じ。ほかの味も飲んでみても今ひとつ心動かず、定番強しです。替わりに目に付いたのが、スコーン考えてこなかったの...

  •  0
  •  -

お疲れさんディナー

昨日、今日と缶詰で会議。公用語が英語オンリーで、かなり消耗です。プログラム通り終了するか、不明、かつ定時に終わっても、自宅まで帰り着けるか、会議場からのバスは、ラッシュアワーの時期と重なり、心もとない状況。安全を見越して、すべてうまくいくと予想して帰宅するよう強行するか、もう1泊するか悩みましたが、中間を取って京都まで移動。それならこんな趣のある坪庭の見えるお店でお疲れさんディナー。会議自身は思い...

  •  2
  •  -

ミニコンサート、ふたたび

ちょうど2週間前、歯の治療をしてからパイプオルガンのミニコンサートに行く予定にしていたのですが、治療が終わってみれば何だか体がだるくてそのまま家に帰り、夕方からかなりの発熱という事態が発生。今回も治療の後のコンサートはいまひとつ気分が乗らないところもありましたが、いや、そんなことを言っていたら、何も行動できなくなると、意を決して出発。今回の演奏はバッハの「ファンタジーハ長調」に始まり、ウッドの「恵...

  •  0
  •  -

馴染めない言葉

中高一貫校にいて、6年間制服を着せられました。何でみんなと一緒に同じものを着なくてはいけないのかわからず、悶々とした日々を過ごし、制服イヤイヤ病に。でも大学、最初の就職先はまったく規制はなく、好きなものを着て過ごし、制服のことはすっかり忘れていたら・・・。30歳で札幌に戻って再就職した職場には、なんと制服あり。男性も一応スーツを制服として支給されてましたが、着ている人なし。ああそれなのに、女性だけは...

  •  0
  •  -
boo