Welcome to my blog

最近買った本、いただいた本

  28, 2017 07:39

図書館で予約している本が届くのにもう少し時間がかかりそうなので、

Kindleストアでアガサの続き「Agatha Raisin and the Busy Body」を買いました。







気軽に読めるし、Kindle、iPhoneどちらででも読めるので、Kindleを持ち

忘れても、iPhoneで読めて、便利。

前の「There Goes the Bride」でアガサのジェームスへの強迫観念的愛は

消えたようですが、それでも愛されること、美しく魅力的であることは

諦めきれない模様。

その往生際の悪さが憎めないというか、目を離せない。

まだまだ読んでいきそう。


そして友人からいただいたのが、辻邦生の「黄金の時刻の滴り」。






辻邦生は全部読んでいたと思っていたのに1993年11月に発表されて

いたのに今まで気付かないでいて悔しがっていたら、たまたまちょっと

仕事のお手伝いをした友人からプレゼントされました



敬愛する12名の作家と物語はいかに書かれるのかの対話。

こちらはまだ読み始めたばかりですが、辻邦生の静謐な筆致がもう

ひしひしと迫って来ました。


明日から時間的にゆっくりできるはずなので、この対照的な2冊を

手に過ごそうと思っています。




  読書のひと時が大好き
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮ら<br />しへ
     にほんブログ村

スポンサーサイト
  •   28, 2017 07:39
  •  0

叱られて

  27, 2017 07:01

現在マンションの大型改修工事中。

昼間はほとんど人の通らない廊下を工事担当者が行き来したり、突然

ガガガ~という音がしたり。


そのたびにノエルは耳をピンと立て、ベッドに飛び乗り、警戒態勢。







そのたびに傍で仕事をしている私に怒られて、ションボリ

ヒネチャています







人の歩くのはまだしも、工事の騒音は仕事をしているのに集中力が途切れて

しまいそうになるので、気持ちはわからなくもないけど。

とみに叱られる回数が増えて、ちょっとかわいそうです。


12月半ばまで続く工事、音だけでも何とかならないでしょうかね~。






  怒って、ゴメン
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮ら<br />しへ
     にほんブログ村

  •   27, 2017 07:01
  •  0

仕事して遊んで、いやその反対か・・・

  26, 2017 07:48

先週に入ってメインの仕事が一段落したと思ったのも束の間、ほかの

エージェント様からの仕事が。


でも、遊びやら会食や所用などの約束もすでに入っていて、昼間は出かけ、

戻ったら夕食もそこそこに仕事にかかり、寝るのが12時過ぎの日々。


納期を比較的余裕を持って発注していただいているので、何とか遅れずに

納品している状態。

往復の電車で寝たり、戻って来てほんの短い時間昼寝をしたりしてなんとか

体力を温存しています。


遊びというか、山や友人との食事や講習も自然に触れてリフレッシュでき、

新しい発見があったり。

仕事ではこれまでとは大枠では一括りですが、ちょっと違った内容の案件を

依頼された、これまた勉強になり刺激的。


知り合いの翻訳者さんは兼業で、夜と土日に仕事をしていますが、それに

比べたら、私の状態などまだまだです。

でも目はショボショボでディスプレイに思い切り顔を塚づけたり、気づいたら

よだれを垂らしながらPCの前で眠り込もうとして自分を発見して、無理は

できないな~と深く自覚しました。







ようやく梅雨の雨、気温はそれほど高くないのに蒸していますね。



  もう若くないです・・・
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮ら<br />しへ
     にほんブログ村
  •   26, 2017 07:48
  •  0

記録写真です・・・

  25, 2017 07:27

実際の撮影のときの勉強になると、暇なときに申し込んだカメラの講習会。

家での翻訳の仕事が立て込んできたので、どうしようかと迷いつつ、でも

何とか目途が付いたので、出かけました。






今回は植物園での花、特に紫陽花の撮影についてです。







私的にはこれがベストショットだと思うのですが・・・・








こちらが今日一番気に入った紫陽花。

「星占い」という名前で、白で縁取りされています。






こちらは傍のお店の紫陽花。

この時期はどこに行ってもさまざまな紫陽花に出会えます。





今回の講習会は実技がメインで参加者思い思いの写真を撮って最後に

ベストショットを先生が講評してくださるのですが、その写真の素晴らしさに

もう愕然

思ってもいないようなアングルだったり、花だけじゃなく、光をきれいに

取り入れたり、アートフィルターを使ってファンタジックにしたり。

私のはといえば、もう記録写真でしかない。

お花は全体を撮って、景色は漠然とその辺にあるものをゴチャゴチャと

入れるだけ。


美的感覚がないのはわかっていましたが、写真までもこんなんじゃ

かなり悲しいかも。

でも、それがわかっただけでも参加した甲斐があったし、何よりみんなと

ワイワイ言いながら楽しみながら写真を撮れたのも収穫です。


目標は月に1枚でもいいから、記録写真以外も撮れるようになること


でも、仕事で必要なのは、記録写真・・・


  今日も記録写真です・・・
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮ら<br />しへ
     にほんブログ村
  •   25, 2017 07:27
  •  0

湯坂路に

  24, 2017 07:16

脚の調子がだいぶ治ってきた友人と箱根の湯坂路を登ってきました。







この道は鎌倉時代に箱根越えの幹線道路だそうで、鎌倉古道とも

呼ばれています。


小田原から湯坂路入口までバスで40分あまり。







歩き始めは平坦な道。

梅雨の時期にこんなに晴れていいのかと思うくらいキレイな青空。


紫陽花が咲いているかと期待しましたが、立派な葉っぱはあるものの、

花の姿はまったく見られません。





鷹巣山、浅間山あたりまでは至極、快調な歩き。







羽根に黒い矢羽のような模様のある蝶々に出会ったり、ヘビを踏んづけ

そうになったり、ものすごく大きなヤマボウシの木を観つけたり。






でも、大平台分岐あたりからの下りは結構脚にきました。

ガイドブックには石畳とありましたが、どちらかというと、ただ石を置いて

あるだけ。

平らに切った石段ならいいのですが、角度が付いて置いてあるので、

登るのにはいいかもしれませんが、下りは滑って不向き。


それでも何とか湯坂城跡までたどり着きました。


ここからはもう箱根湯本の建物がちらちら見え、車の音も聞こえてきます。


登りはほとんどなく、下り中心のコースでしたが、鎌倉時代の人がどんな

様子でここを越えていったのか。

着物と草履ではさぞかし大変だったのでは。


そんなことを考えながら、また小田原行きのバスに揺られました。




 箱根の山は天下の険
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮ら<br />しへ
     にほんブログ村
  •   24, 2017 07:16
  •  0
boo