Welcome to my blog

気持ちだけでも

  22, 2018 07:17

これだけ暑い日が続けば体が慣れてくれそうな気もしますが、そんな気配

はまったく無し


夜も寝苦しくて寝付けず、寝不足気味。

昼間眠気が襲って来て昼寝してしまうので、さらに悪循環です。



それでも昨日の夜からは都内各所で暑気払いの花火大会が開催される

ようになり、部屋にいても遠くから時折花火の上る音が。



仕事が一段落した後、気分転換にゆかたを引っ張り出してみました。

気持ちだけでも夏を楽しむというスタンスを持たないとですね。







一昨年作った麻のゆかた、思った以上に厚ぼったくて暑く感じて、却下。

古い夏のきもの(麻?)を引っ張り出してみましたが、小豆色、ナデシコ柄、

もういくらなんでも私には合わない

ただ軽いのだけが救い、今シーズンだけでも着てみます。









 花火、観にいきたいけど・・・
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  •   22, 2018 07:17
  •  0

土用の丑の日ですが、ジンギスカンを

  21, 2018 07:17

サントリー美術館に「琉球 美の宝庫」を観に行きました。

紅型、苧麻布など、きもの好きにはたまらないなどの琉球の布製品から

始まり、ついで絵画、漆器などが展示されてます。

王国での正装や人物画を見ていると、中国の影響を強く感じます。

案内には「中国に学び、薩摩の影響を受けつつ花開いた作品の数々」と

ありましたが、地理的状況からも中国の影響の大きさが窺われました。


断片的に見ることはあっても、総合的な展示として見る機会がなかった

琉球王国の美術品、新しい発見をしつつ楽しく見られました。


作品の多くは19世紀以降のもの。

第二次世界大戦で多くのものを焼失したとのことでしが、激戦の影響が

そこまで広範に及んでいるとは。

残念でなりません。







その帰りにふらりと寄った地下の高級スーパー。

まさかラムはないよねと冗談を言いながら見てみたら、ありました

お肉の感じがよさげだし、値段もリーゾナブル。


折しも土用の丑の日。

鰻は高いし、お店も混んでいるでしょうけれど、夕方ちょっと早めにお店

に行って食べて帰ろうという計画を急遽変更して、お肉を買って我が家に。







野菜はもやしを買った以外は家の冷蔵庫に入っていたタマネギ、ニンジン、

しいたけ、それに何とズッキーニまで。


ほどほどの厚み、ラムだけあってお肉は柔らかいし、臭みもほぼなし。

お肉の力でお野菜の貧弱さをカバーできました。


外国人が多く集まる六本木だからこそ、ラムがこんな形で売られていた

のかしらなどとと話しつつ焼いていたら、300g、あっという間に食べて

しまいました。







デザートはバニラアイスにブルーベリーのシロップ漬けをトッピングして。



ジンギスカン、こちらで食べに行っても高級料理になっていて、ドンと食べ

られず、この数か月不満を抱えていましが、久しぶりに美味しくたっぷり

食べられて満足満足です



暑い夏、鰻に替わって食べたジンギスカンで少し体力、気力が湧いてきました。








 ノッチももちろんご相伴
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村




  •   21, 2018 07:17
  •  0

最近読んだ本、今読んでいる本

  20, 2018 07:10

最近では仕事関係の本以外はほぼ図書館から借りています。

一般的なものだといつも使っている3か所の図書館を探せば、だいたい

見つかるし、読んだ後の置き場所に悩むこともないので。



ファインディング・ゴビ」はゴビ砂漠を走るウルトラマラソンでスコットランド

のランナー、「のっぽ」さんに伴走した野良犬の「ゴビ」を祖国に連れ帰る

までのお話。

漢字にはかなりルビが打ってあり、もしかしたら子ども向け??

でも、大人でも違和感なく読み進めました。

動物に対する対応が国により異なる点、日本も決して進んではいるとは

言えない状況。

ハッピーエンドになる(はず)とは思いつつ、最後まで心配し、ホッとさせ

られた犬と人間の絆の強さを感じさせる1冊でした。






卵を買いに」は原作がドラマ化されている人気作家小川糸さんのオリジナル

エッセイ。

じつは彼女は好きな作品もあるけれど、時折too muchだと感じる厄介な

作家さん。

これもその尖った部分が強調されていたら嫌だな(特にエッセイなので)

思いつつ読んでみれば、意外とすっきりとして共感する場面大。

愛犬「ゆりね」との生活(作品の印象では猫派だと思った)、ラトビアに対する

思い入等、あれっかなり関心が一致していると再確認した次第です。



何かの書評で読んで興味を持ち借り出した「ペナンブラ氏の24時間書店」、

ミステリーだと思ったらコンピュータオタクが古文書オタク(?)の、暗号解読

に挑むかなり奇想天外な展開。

ついて行くの戸惑うところが時折ありますが、何とか読み切ろうとしているところ。



最後の「プロテスタンティズム」、カソリックの友人と宗教について話す

機会がありその際、カソリックに対するプロテスタントと、一括りにしては

話せない場面があったので、頭をすっきりさせるために読んでいます。

ルターは宗教改革を目指したのではない、reformationを望んていたと

いうのは、新しい発見です。




それにしても1冊は読了、でも残り3冊は出かける先の乗り物の時間に

合わせ適宜選びつつ並行して読んでいくというのは、かなり頭の切替

を要します








とにかく手元に数冊ないと、落ち着かない
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村

  •   20, 2018 07:10
  •  0

飾りじゃ困ります!

  19, 2018 07:15

お暑うございます。

夏物バーゲン真っ盛りのこの頃ですが、この間図書館に行った時、通り

がかかりのジーンズショップで涼しい素材のパンツを購入しました。


涼しいとか冬は温かいとか、機能性を強調した製品には弱いんです

試着してサイズ感もピッタリだし40%近くオフになっていたので、買ってし

まいました。



で、早速酷暑の熊谷に履いて行ったのですが、涼しさはまぁこんなもの

かと思う反面、しくじったというか、ありゃと思ったのが、この後ろのポケット。

飾りポケットで物は入れられないことに気付きました







とにかくポケット大好き。

ポケットは飾りじゃなく、必要なものなんですが、レディースものには結構

飾りポケットがあります。

定年前、仕事用のジャケットやパンツを買うときは特に注意して、そこを

確認していたのですが、今回はジーンズものということもあり、怠ったの

が敗因。



私的にはバッグを持ち歩けないときでもメモ帳、ペン、ケータイが3種の

神器(+ティッシュ、ハンカチ)を携帯するためにポケットは必須。

ひとつだけじゃとても足りない

ジャケットは脱ぐことがあるので、パンツのポケット、特に入れやすさで

後ろのポケットは重要。


色や形が良くてつい購入してしまった飾りポケット付きのジャケットや

パンツについては、これらを使えるようにしたり、ポケットを付けて貰ってました。



でももう3種の神器が必要な仕事はしていないし、このパンツには前の

方にポケットが2つあるので、付けるのはパスすることに。



でも、やっぱりポケットが付いてないと、気分が落ち着きません。

手が自然と後ろのポケットに・・・。


こうなると、機能面だけでなく、メンタル面でもポケットが必要かもです









 皆さんはどうでしょ!?
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村

  •   19, 2018 07:15
  •  0

誘われて熊谷の妻沼聖天山に

  18, 2018 07:16

この焼けつくような暑さの中、決して自ら計画したわけではありません。

でも。1か月も前に熊谷の歯科医受診をする友人と一緒に見に行くと

約束した手前中止するのも躊躇われ、厳重装備をして暑さ日本一を

競う熊谷にある妻沼聖天山の本殿彫刻を見に出かけました。


待合せの駅を出た途端もわっとする熱風に襲われフラフラしていたら、

マイクを持った某TV局のレポーターから、なぜ熊谷に来たのか、暑さ

対策はなどをインタビューされ、ようやくそれが終わってバス停に行こう

としたら、また別の局からもインタビューされそうになり・・・。


やっとのことでバスに乗り込みました。


よっぽど、暑そうに見えたんでしょうかね







バスに乗って30分ほど、目的の妻沼聖天山に。

堂々とした門構え。







境内に入ると、日差しが和らぎ、気持ちのよい風も吹いていて気温が

街中より少し低い感じがしました。







本殿は、拝殿、相の間、奥殿から成り、すべての建物日光東照宮を彷彿

させる彫刻で装飾され、彩色されています。


こちらの建造には庶民が浄財を寄付し、その名前が各所に彫られている

とのこと。



遊ぶ子どもたち。







イルカ?、バク?、かと思ったら、雪だるまを転がして遊んでいるそう。







獅子舞







琵琶と桃を持つふたりの女性。

これはパンフレットの写真を写したものです。







将棋をさすご老人たち。















ゾウもこんなところで建物を支えています。








このお寺の参道では江戸時代から「いなり寿司」が名物だそうでぜひ

とも買って帰りたかったのですが、連休明けでお休みだったり、暑さで

探し切れず、結局バス停そばの和菓子屋さんで一服。


久しぶりの主菓子というか、上生、銘は「あじさい」でした。









暑さが和らいだら、また来たいです・・・。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村



  •   18, 2018 07:16
  •  2
boo