Welcome to my blog

ピーターラビットは、子ども向け??

  27, 2018 07:15

仕事、一段落したとはいえまだ終わっていないのですが、週末1日くらい

休んでもいいでしょうということで、ピーター好きと、ピーターラビットを観て

きました。


シネコンに到着する直前友人から電話。

行うとしていた映画館では吹替版のみ上映とのこと

急ぎ字幕版の上映館を調べ、そちらに。


まぁ、ふたりとも見違えたので、偉そうなことは言えないのですが、近隣

の映画館では吹替版しかやっていなませんでした。

信じられな~~~い


で、結局行ったのは日本橋のシネコン、ここでは辛うじて吹替版と字幕版

が並行して上映されていました。


なぜここまで吹替版での上映が多いのか考えると

ピーターラビットは子ども向け

だということが最大の」理由のように思えます。

最近は吹替版の方がダイレクトに内容がわかって、楽しめるというので

吹替版と字幕版が並行して上映されることはあっても、よもや字幕版の

上映をしていないなんて・・・。


でもピーターラビットは決して今の子どもだけでなく、おとなでも楽しめる

映画。

上映会場はほぼ満席に近く、かつて、あるいは今でも絵本を読んで楽し

んでいるステキな雰囲気のおとなの女性(と男性)がいっぱい。


大画面いっぱいで出演者の生の声が聴けるのが、より臨場感を盛り上げる。

これぞ映画館に行く愉しみだと思うのですが。


TVなら吹替でもいいかな~と思うときもありますが、でも映画館では英語

(原語)で聴いた

吹替しかないなら、映画館に行くことはない、そんな風に思っている人は

少なからずいるはず。



せっかくの観客を減らすようなことをしちゃダメと、やんちゃなピーターの

活躍を観て、最後にはにっこり、ほっこりした後、そんなことを話しまくり

ました。





   我が家のピーターラビットはこれだけ









 の故郷、行ってみたいです
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  •   27, 2018 07:15
  •  0

ザックを重たく感じた日 継続すべきか

  26, 2018 07:41

1か月ぶりのミーティングで久しぶりの外勤。

Macも含めた仕事道具一式をこの時書いたザックに入れて持ち運びます。


今朝家を出るとき手に取って、その重たさに、ビックリ







今まで漫然と持って行っていた資料は今回ザックから出していたし、特に

重いものは思い当たらないのですが・・・。


一応測ってみたら、4.7kg。

軽いとは言えないけれど、以前ならPCがもっと重かったなので確実に

2kgは軽くなっているはず。

背負ってみれば、しっかりと背中に吸い付いて、手で持ち上げたときの

重量感はありがたいことに感じなかったので、ひとまず安心。


でも電車の「重く感じたのは歳のせい、もうそろそろ引退を考えた方が

いいのかな」なんてついつい暗く考えてしまって・・・。



     ***



結局仕事先では今年度の予定が示されて、出来る限りお願いしますと

のお話が再度ありました。


だんだん縮小しようとは思いつつ、頼まれるとつい受けてしまうというか、

本音では社会との繋がりも持てるし、まだ続けて行きたいのかもしれません。









大辺路のザックは食べ物だけだったから、軽い??
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村




  •   26, 2018 07:41
  •  0

今日は引っ張りが少なかった!

  25, 2018 07:18

友人が陣中見舞いを兼ねて遊びに来てくれました。







ワンコ好きなので、一段落したらお散歩に。







近くの公園に出かけましたが、こんなにリードがゆったりとしています







5歳になったので、少しは落ち着いてくれたと思う(思いたい)ところです。







まぁ、こんな風に「僕が、僕が」と行くときもありましたが、以前に比べるとマシ。

ふたりではなく、ほかの人がいると一緒に地域防衛隊の役割を分担できる

ので、気持ちの上で楽なようです







おとなしくさせるにはどうしてもお座りさせることが多いのが、残念







お日様が強くてちょっとハレーションし過ぎのノエル。

色白は七難を隠すとは言うものの、強い日光の下で白いノエルをきちんと

撮るのは、なかなか難しいです。








 やっぱり舌が長い
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村


  •   25, 2018 07:18
  •  0

ようやく一段落

  24, 2018 07:15

昨日、ようやく図書館に行って予約していた本を取ってきました。

もっと前に行きたかったのですが、旅行中に届いていた仕事を第一優先に

してずっとお籠りでした。


これでようやくミステリーが読めるかな

読み出すと、止まらなくなって仕事が手に付かなくなるので自重してま

したが、ようやく解禁です。







お籠り期間中、昼は毎日家でラーメンかパスタ、いずれにしても簡単に

麺類を作っていましたが、今日は数日ぶりにお外で。

といっても、また麺類です

どんだけ麺食いなのか


それにしてもこちらの納豆そばには何故ワカメが入っているのか??

こちらが札幌の納豆そば。

そんなに違わないけど、でも札幌の味とは違って感じられます。







それでもデザートにあんみつを付けて、まずは満足です。


今日は犬好きの友人が来てくれるので、ノッチを連れて一緒にお散歩を

計画。


少しは自然なノッチのお散歩写真が撮れるといいのですが








 お天気もよさそう
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村


  •   24, 2018 07:15
  •  0

大辺路 食べたもの

  23, 2018 07:11

何故長々と大辺路の記録を引き伸ばしているかといえば、食べたものを

記録しておきたいなと思って。


別段、とっても豪華なものを食べたわけではないのですが、また来年行く

時の、半分忘備録です。


よかったら、お付き合いください。


----------------------*

行動食というか、お昼は2回ともパン。

もちろん宿に頼めばおにぎりなどは作ってもらえますが、3食ともお米は、

さすがにきついので。

パンをあらかじめ買っておいてよかったです。







1日目は東京で買って行ったパンケーキのようなパン。

リンゴとクリームが入っていました。







2日目は周参見駅前にあるコンビニ(地元の何でも屋さん?)で買った

レモン味のパン。

これにこちらで書いた籠に入れてある、チーズやかまぼこ、それに果物などを。







大辺路を歩いている時、じつは1日目は誰にも会いませんでした。

2日目も林道を歩いている時に数人、自販機さえない。

人家の見えるところにやってきて、ようやくありました

紀伊らしい梅サイダーを。

疲れてたせいか、もっと酸味があってもOKな、ちょっと物足りない感じ。







夜のごはんです。

お刺身はイカ、マグロ、もうひとつはカツオ(?)、北海道ではほとんど見た

ことがありません。

中央のお魚も然り。







周参見ではイノブタが有名ですが、そのお鍋が。

脂身が多いようですが、畳んである反対側は赤身です

クセ、臭いもなく意外にさっぱりとしていました。







日本の正しい朝食、湯豆腐付き。

お魚の顔は、アジとイワシともうひとつは小魚でした。

納豆は個々に配るのではなく、中央のテーブルに置いてあり、お好きな

人はどうぞスタイル。


これだけ食べれば、元気満々、コーヒーがあればもう言うことなしですが、

それは多くを望み過ぎというものでしょう。

次回は、ドリップバッグコーヒーでも持って行きます







串本では一応リゾートホテルに泊まったので、和食のコースが。







シラスと梅が入ったごはん、







デザートの冷たい和菓子が美味しかったというのは、好みがひねくれて

いるせいでしょうか。

でも、ホント、印象に残りました







朝食はそれなりのコーヒーとパン、ヨーグルトも食べられたのですが、

タマゴ料理はスクランブルエッグだけ。

ボイルしたウィンナーはあっても、カリカリのベーコンがないと急にワガママな

ことを言ってしまいました。







串本から東京駅までは、紀勢本線、東海道新幹線を乗り継いで、6時間

超の長旅。

しかも、2/3を占めるくろしお号には車内販売がないので、串本のコンビニ

であらかじめ調達しました。


それがこのおにぎり。

だしまき玉子てどんなのかと興味津々。








座布団敷きのようなおにぎり、平べったい太巻き??

何ともコメントに困るご当地ものでした。





お土産に買った儀平のうすかわ饅頭。

さっぱりとした餡が美味しくて、もっと買って来ればよかったと、後悔・・・。



帰りの列車では、いえじつは周参見に向かう列車で来年はまた中辺路に

行くことを計画。


2013年から毎年のように熊野古道を歩いていますが、それは中辺路の一部、

小辺路の一部。


ようやく各ルートの触りだけで回ったので、次回は中辺路の小雲取越に。

距離は13kmほど、標高差450m、今回より厳しくなりますが、70歳になったら

さらにきつくなりそうなので、その前に行くことにしました。


1年間かけて体力維持、体力作りです










お付き合いありがとうございました
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村
  •   23, 2018 07:11
  •  0
boo